注文住宅で自分だけのデザインを〜お洒落住宅を手に入れる〜

Real estate

住宅の種類

二世帯住宅について知っておこう

最近は、できるだけ住宅建築や購入にお金をかけないようにするため、二世帯住宅を造る人が増えてきています。注文住宅として二世帯住宅を造る場合は3種類ほどあります。一つが完全同居型の二世帯住宅です。二つ目が水回りだけ分離した、あるいは玄関だけ分離した二世帯住宅です。三つ目は完全分離型の二世帯住宅です。このうち一般的に二世帯住宅と言えば一番最後の完全分離型をイメージする人が多いと言われています。 どれもそれぞれ一長一短ですが、やはり一番親世帯と子世帯のプライバシーを保つことができるのは完全分離型です。このように完全分離型の住宅は人気がありますが、すべてが2か所ずつ必要なため何分お金がかかってしまう点がデメリットと言えるでしょうか。

デザイナーズ住宅について

注文住宅にはデザイナーズ住宅があります。デザイナーズ住宅とは、住宅デザイナーが造った一戸建ての住宅で、少し変わったカタチをしている住宅が多いのが特徴です。また、機能性は備えていますが、実用性に欠ける部分が多いため、普通の人にはあまりおススメできない住宅です。デザイナーズ住宅を建築する人はデザインにこだわりを持った人なのです。 普通デザイナーズ住宅のような住宅は建売住宅で建てることはまずありません、何故なら建売住宅は、できるだけ万人受けする癖の少ない造りの住宅を造る傾向にあるからです。ですので、デザイナーズ住宅と言えば注文住宅ととして造る意外に方法がありません。このように注文住宅は非常にフレキシブルな点が特徴と言えるでしょう。